年末年始の営業時間についてのお知らせ

年末年始の営業時間についてのお知らせ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、弊社では下記期間を年末年始休業とさせていただきます。

2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)
※2020年1月6日(月)より通常通り営業いたします。

お電話・メール等のお問合せにつきましては、1月6日より順次対応させていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

【防災ニュース/テロ指数】2019年世界のテロリズム指標

世界のテロリズム指数

2019 Global Terrorism Index: Deaths From Terrorism Halved in the Last Four Years, but Number of Countries Affected by Terrorism is Growing

2019年版のGlobal Terrorism Index(世界テロ指数、GTI)によると、テロによる死者は2014年にピークに達した後、4年連続で減少したとのことです。
死者数は現在、2014年以来52%減少し、3万3555人から1万5952人に減少しました。7年目となるGlobal Terrorism Indexは世界トップクラスのシンクタンクであるInstitute for Economics & Peace(IEP)が開発したもので、世界のテロ傾向について最も包括的なリソースを提供しています。

2018年の死者総数は15%超減少し、イラク・レバントのイスラム国(ISIL)の敗北、およびアルシャバブへの米国主導の空爆によりイラクとソマリアで最大の減少を記録しました。死者数減少は国別スコアにも反映され、98カ国が改善、40カ国が悪化しました。

死者数によるテロの影響を最も受けた10カ国:
(1)アフガニスタン(2)イラク(3)ナイジェリア(4)シリア(5)パキスタン(6)ソマリア(7)インド(8)イエメン(9)フィリピン(10)コンゴ民主共和国